奥田 政行

Masayuki OKUDA

プロフィール

1969年、山形県鶴岡市生まれ。新潟と山形との県境の町で育つ。鶴商学園高等学校(現鶴岡東高等学校)卒業後に上京し、イタリア料理、フランス料理、純フランス菓子、イタリアンジェラートを修行。帰郷後に2つの店で料理長を歴任。2000年「アル・ケッチァーノ」を独立開業し、2007年ドルチェの店「イル・ケッチァーノ」、2009年銀座に「YAMAGATA San-Dan-Delo(ヤマガタ サンダンデロ)」をオープン。2015年、広島宮島口に「宮島ボッカ アル・ケッチァーノ」をオープン。現在は、「イル・ケッチァーノ」を休業し、山形県鶴岡駅前にパスタ専門店「ファリナモーレ」、イタリアンドルチェ専門店「ファリナモーレドルチェ」、世界初オイル寿司「イル・フリージオ」を営業中。

「アル・ケッチァーノ」「イル・ケッチァーノ」、そして「ヤマガタ サンダンデロ」も、毎日のメニューは決まっておらず、まずは朝、どんな食材が集まってくるのか、それからすべてが始まり、「料理は、ソースをなるべく使わない」ことをモットーとしている。食材のひとつひとつが持つ小さなつぶやきに耳を傾け、持ち味を最大限に生かす新鮮、シンプル、スピーディー調理を心掛けながら、身体と心に満足を感じていただける料理を提供している。

受賞歴

2017年 『食べもの時鑑』が「グルマン世界料理本大賞2017/CULINARY HERITAGE部門」グランプリ受賞
2016年 農林水産省より<第一回(料理マスターズ シルバー賞)>を受賞(受賞者は全国より5名)
2016年 イタリアミラノにて世界野菜料理コンテストThe Vegetarian Chance 3位に入賞
2015年 鶴岡市より市政功労賞受賞
2014年 イタリアピエモンテ州カネッリより名誉市民に任命
2009年 第1回「静雄食文化賞」を受賞
第1回FOOD ACTION NIPPONアワード2009にて「コミュニケーション・啓発部門」優秀賞を受賞
鶴岡市農業発展奨励賞を受賞
2006年 スローフード協会国際本部より、世界の料理人1000人に選出される
2004年 山形県より「食の都庄内」親善大使に任命

メディア

[TV]
日本テレビ「世界一受けたい授業」(2017年)
テレビ朝日「ぐるぐるナインティナイン ゴチになります!」(2016年)
NHK「ためしてガッテン」(2014年)
NHK BSプレミアム「プレミアムカフェ イタリア 至高の郷土料理に学ぶ 奥田政行」(2011年)
山形放送「ピヨ卵ワイド」他多数

 

[ラジオ]
NHK「トーキングウィズ松尾堂 さかなクンと『お魚で日本を元気に』」(2017年)

 

[雑誌・書籍]
「『暮らしの知恵』奥田政行と訪ねる日本の四季」 (2012年~継続中/共同通信社)
「Cradle」表紙 (2012年~継続中)
「食べ物時鑑」 (2016年/株式会社フレーベル館)
「地方再生のレシピ 食から始まる日本の豊かな再発見」 (2015年/共同通信社)
「アル・ケッチャーノ式経営術」 (2013年/日経BPマーケティング)
「アル・ケッチャーノのパスタ」 (2012年/小学館)
「奥田政行のちゃちゃっとイタリアン 素材を生かす塩使いマジック」 (2011年/小学館)
「人と人をつなぐ料理 食で地方はよみがえる」 (2010年/新潮社)
「視線の先に 料理人・奥田政行の目指すもの」 (2010年/プレスアート)
「山形・庄内 田舎町のリストランテ、頑張る」 (2009年/マガジンハウス)
「奥田政行の食材スーパーハンドブック」 (2009年/小学館)

コラボレーション

[監修]
株式会社東北ハム「奥田シェフ監修プレミアムベーコン」
株式会社大地を守る会「奥田シェフ監修 おやさいdeli kit」
カネ松製茶「あるけっ茶」

 

[ショッププロデュース]
あわじ島のイタリア料理 「のじまスコーラ 」
日本生産者のコース料理 「ラ・ソラシド」
器・温泉・オーベルジュ 「サーラ ビアンキ アル・ケッチァーノ」「イル・ケッチァーノ ミエーレ」
道南イタリアン「どうなんde’s Ocuda Spirits」
新しい「焼く」スタイル「庄内MEAT YOU やくけっちゃーの」
宮島で唯一の地産地消 仏・伊ビュッフェ「宮島別荘Shima Classic」

講演・イベント

酒田調理師専門学校に於いて食材論の講師(2003~2006年)

オフィシャルサイト

アル・ケッチァーノ http://www.alchecciano.com/

奥田 政行へのご依頼

奥田 政行へのお仕事のご依頼・お問い合わせは
リンク先のフォームからお送りください。

お問い合わせフォーム プロフィールダウンロード
トップに戻る