事業内容・所属パティシエ

あわびじ

|事業内容

1.広報事業

辻口博啓辻口博啓をはじめとする弊社所属・嘱託のパティシエ、スイーツスクール講師のマネジメント業務を主な業務とし、テレビ・新聞などの媒体各社からの取材、イベント出演、講演会登壇、商品開発のご依頼などの対応を行っています。また、辻口ブランド並びにグループ企業(店舗・商品)の広報業務も行っています。
※ご依頼・ご相談は「問い合わせ」フォームよりお願いいたします。

 

IMG_0445|講演・トークショー
経営者、教育者の観点から全国で講演。講演テーマは、スイーツを通した子どもの育成(子どもの夢の育て方~スイーツ育とは~)、地域価値の再発見からつながる地方活性(県外から見た石川の魅力~能登の里山里海 未来の可能性~)、魅力ある個店・商品づくり・スタッフの育成など。

 

IMGP5295|洋菓子技術講習
後進育成を目的とし、プロに向けて洋菓子の技術講習を行う。

 

 


2.エデュケーション事業

scool_Collage_Fotorスーパースイーツスクール自由が丘校
2011年10月より東京・自由が丘モンサンクレール前に、お菓子教室を開校。基礎から学べるベーシックコースからインストラクターを養成するコースまで用意。他にも、季節ごとのお菓子作りレッスンや男性限定レッスン、「スイーツ育」を実践できる親子レッスンなど、さまざまなコースを設置。

 

検定一般社団法人日本スイーツ協会
2011年9月より一般社団法人日本スイーツ協会の運営を受託。スイーツのスペシャリスト資格を認定する「スイーツコンシェルジュ検定」の運営を行う他、スイーツコンシェルジュ会員ならびに一般消費者、スイーツをはじめとする食品業界との相互向上にむけた活動を実施。

 


3.プロモーション・コンサルティング・製菓監修事業

製菓監修、プロモーション・キャンペーン用のスイーツ商品開発の他、イベント・レセプションのケータリングスイーツやお土産品のアレンジメントを行う。食品メーカー、飲食店、ファッションブランド、自動車メーカーなど実績多数。

51s7yNfO32L__SX407_BO1,204,203,200_|製菓監修業務
テレビ番組やレシピ本の製菓監修業務を行う。

『NHK連続テレビ小説 まれ お菓子レシピブック』NHK出版(2015/8/8)

 

 

 

 


4.地方自治体プロモーション業務

地場食材を使った地域スイーツ開発のほか、食材・施設などのPRも同時に行うことで、スイーツを通した地域振興の支援を実施。また、「スイーツ育」などの教育事業につなげ、相互作用を伴うプロモーション展開を行う。

kumano_Collage_Fotor

|和歌山県「熊野の翼」
2011年の東日本大震災を受け、熊野三山(熊野那智大社・熊野速玉大社・熊野本宮大社)の賛助のもと、梅の紀州・五代庵とコラボした「詣菓子」。売り上げの一部は東日本大震災や紀伊半島豪雨災害の復興支援に。

 

海老パイ9_2_720

|三重県「伊勢海老パイ」
三重県農林水産部フードイノベーション課による「平成24年度三重県農林水産資源スイーツ新素材展開事業」から依頼を受け、地域食材を用いた伊勢神宮の式年遷宮を奉祝する「伊勢海老パイ」をプロデュース。

 

 

ishiokasand|茨城県「いしおかサンド」
東日本大震災による風評被害に苦しむ石岡市の農業事情改善と地域活性を目的としたプロジェクトに、アドバイザーとして参加。市内の菓子店11店鋪が参加し、各店がそれぞれの「いしおかサンド」を制作。

 

 

 

|所属パティシエ

辻口 博啓-Hironobu TSUJIGUCHI-
(パティシエ/ショコラティエ/専門学校校長、他)

辻口博啓 _1オーナーパティシエ、ショコラティエとして、モンサンクレール(東京・自由が丘)をはじめ、コンセプトの異なる13ブランドを展開。2014年には初の海外店舗「モンサンクレール  ソウル」をオープン。 
クープ・ド・モンドなどの洋菓子の世界大会に日本代表として出場し、数々の優勝経験を持つ。サロン・デュ・ショコラ・パリで発表されるショコラ品評会においては、  2013年~2016年の4年連続で最高評価を獲得。さらに2015年、国際的なチョコレートの大会「インターナショナルチョコレートアワード世界大会」のチョコレートバー部門で金賞を受賞。 
素材にこだわり、スイーツで地域振興を行うほか、砂糖不使用のチョコレートなど健康に配慮した“ロカボスイーツ”の開発に取り組む。また、企業とのコラボレーションやプロデュース、講演や著書出版など積極的に活動。 
お菓子教室「スーパースイーツスクール  自由が丘校」を主宰する他、後進育成のための「スーパースイーツ製菓専門学校」「スーパースイーツ調理専門学校」(石川県)の校長を務める。 
一般社団法人日本スイーツ協会代表理事を務め、スイーツを日本の文化にすべく、「スイーツコンシェルジュ検定」を実施。また、お菓子作りを通して人を育てる「スイーツ育」を提唱する。 
2015年にはNHK朝の連続テレビ小説「まれ」の製菓指導を務める。 
石川県観光大使。三重県観光大使。金沢大学非常勤講師。産業能率大学客員教授。 
 
受賞歴
1990年  全国洋菓子技術コンクール  優勝 
1992年  50周年記念全国洋菓子コンクール  総合優勝 
1993年  東日本洋菓子コンクール  マジパン部門  優勝 
1994年  コンクール・シャルル・プルースト  銀メダル受賞 
1995年  クープ・ド・フランス  インターナショナル杯  優勝 
1996年  ジャンマリーシブナレル杯  3位受賞 
1996年  ソペクサ  優勝(仏大使館主催の仏菓子コンクール) 
1997年  クープ・ド・モンド  飴細工部門  個人優勝(パティスリー世界大会) 
2000年  ガストロノミックの会  モンタニエよりシュバリエを受賞 
2002年  ヘーゼルナッツ国際大会  総合優勝 
2013年  パリ  サロン・デュ・ショコラ  C.C.C.    最高評価「5タブレット+星」獲得 
2014年  パリ  サロン・デュ・ショコラ  C.C.C.  金賞獲得 
2015年  インターナショナル  チョコレートアワード
               アメリカ大会2015  チョコレートバー部門金賞・銀賞受賞 
    パリ  サロン・デュ・ショコラ  C.C.C金賞獲得 
2016年  インターナショナルチョコレートアワード
     アメリカ&アジア太平洋大会  金賞・銀賞・銅賞を受賞 
    パリ  サロン・デュ・ショコラ  C.C.C.金賞獲得(4年連続の最高位獲得) 

※プロフィールのダウンロードはこちら→辻口博啓_プロフィール_CS
※辻口博啓オフィシャルWEB http://www.h-tsujiguchi.jp/

 

柴野 大造 -Taizo SHIBANO-
(ジェラートマエストロ)

★柴野大造シェフ_写真

Profile                               
1975年石川県能登町生まれ。東京農業大学卒業後、家業の酪農に就農。2000年、地元能登町に北陸初の牧場直営ジェラートショップ「マルガージェラート能登本店」をオープン。現在は、ジェラートを中心としたチーズ、ヨーグルトで世界に通用する「石川県発信の乳製品の総合メーカー」を目指す。ジェラートイリュージョンやジェラートの監修・コンサルで多数のショップを全国にプロデュース。
・日本ジェラート協会 理事 公認ジェラートマエストロ
・能登町ふるさと大使
・株式会社マルガー 代表取締役
 http://malgagelato.jp/

受賞歴   
2004 石川県商工連・食の特産品コンクール 優秀賞受賞
2008 テレビ東京「テレビチャンピオン・アイスクリーム屋さん選手権」準優勝
2009 イタリア ジェラート世界大会出場
2012 小売店全国コンクール・日本経済新聞社社長賞/「匠の店」認定
2014 ジェラート世界大会 ピスタチオ部門10位入賞(北陸勢初)
   ジェラートイリュージョンinイタリア
2015 ジェラート日本チャンピオン(表参道ヒルズ)
2016 世界ジェラート大使就任(本部ローマ・アジア初)
2016 Sherbeth Festival 2016 外国人部門1位 
2017 ジェラートワールドツアーグランプリファイナル 東アジア代表

活動紹介
江崎グリコ アイス「SUNAO」ムービー出演 http://cp.glico.jp/sunao/movie/chef/

※プロフィールのダウンロードはこちら→柴野大造_プロフィール_CS

 

脇坂 紘行 ‐Hiroyuki WAKISAKA‐
(パティシエ)

★脇坂シェフ_引きProfile
大学卒業後、ムッシュマキノ、なかたに亭、キャリエールヒデトワで経験を重ね、2009年4月にモンサンクレール入社。同年12月よりスーシェフを務める。現在、開業準備中。

受賞歴
2014年     ジャパンケーキショー グランガトー部門 大会会長賞
2015年      第1回 内海会味覚コンクール 金賞

活動紹介
2016.3  ヴァローナ ジャポン「ショコライースター」イースターエッグ制作
2016.12  NTTドコモ「VOICE CHOCOLATE」プロジェクト ショコラ制作

※プロフィールのダウンロードはこちら→脇坂紘行_プロフィール_CS